「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

「紡ぐ」ということ

「紡ぐ」(つむぐ)

語意・・・綿や繭(まゆ)を錘(つむ)にかけて繊維を引き出し、縒(よ)りをかけて糸にすること。

蚕が大人になるためにじっくりと時間をかけて吐き出した糸を、人はまた、丁寧に繊細に紡いでシルクという布地を作る。

気持ちを込めて丁寧に織られた布は丈夫で美しく、数世代に渡って我々の眼を楽しませてくれる。

言葉を紡ぐということもある。

自分の中にある一番美しい言葉を水出しコーヒーのように時間をかけて純化していき、自分の大切な人に届ける。

吐き捨てられた言葉ではなく、シルクのような手触りでほんのりと優しい気持ちにさせてくれる言葉。

そんな言葉を持つには、これもまた時間をかけて経験に基づく生きた言葉を蓄積していくしかない。


愛も紡ぐもののひとつかもしれない。

出会いという繭から、お互いの気持ちの優しさとと美しさをくみとり、少しずつ太い絆に変えていく。

生きる時間ばかり長くなって、生き方の美しさが目減りしてきているような気がする。

一度腰を据えて古き友に手紙を書いてみたりするのもいいかもしれない。
[PR]

  by kubogon | 2008-06-26 16:06 | 教育

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE